スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離乳食スタート

Category : 離乳食
子ウシも離乳食をスタートしました。

ズボラな母であるしろウシは、
6ヶ月になったら始めればいいや~とかなりのんびり構えていたのですが、
周囲の人に話を聞いてみると、5ヶ月ジャストで始めた人が多数
子ウシに特にトラブルもないのに、ちょっと悠長に構えすぎかと思いまして、
慌てて5ヶ月半過ぎに始めました。
かなりのんびりペースで進めています。

本を2冊と、炊飯器で炊けるおかゆクッカー、フィーディングスプーンを購入。
おかゆはお米から炊いたほうがおいしいけど、
最初は鍋で炊くほどは食べないので(冷凍にも限界があるし)、
離乳食講座(→)で習った通りに炊飯器で炊くことに。
rinyushoku002.jpg

初めの頃の炊きあがりはこんな感じでした。
今見ると、ちょっと蒸らしが足りないわ
rinyushoku000.jpg

野菜も食べるようになりましたが、やはりこれも少量。
おかゆを炊くときに同時に炊飯器に入れたり、鍋で少量をゆでたり。
写真はにんじんでにんじんは炊飯器には不向きでした
けど、イモ類・かぼちゃは炊飯器のほうがおいしいかな。
rinyushoku001.jpg

今の段階では、加熱して食べやすくすりつぶすだけです。
できる範囲でですが、
親が食べてもそれなりにおいしいもの、という方針でやっています。

最初の1週間はおかゆのみ。
食べること自体が初心者なのと、薬で強い甘い味を知っていたからか、
1口くらいしか食べてくれませんでした。

セオリーは、少しおかゆが食べられるようになってから野菜、ですが、
このままでは離乳食が進まないな~、と判断し、
おかゆの量は最初の量そのままで、甘い野菜であるさつまいもを出しました。
見事、さつまいもも、おかゆも完食
その日から、おかゆも野菜もしっかり食べてくれるようになりました。

セオリー通りに進まなくても、ゴールが同じならOK!なんですよね~
授乳で悩んだ時も同じことを学んだはずなのに、学習しないわ~

手間は多少かかりますが、子ウシが喜んで食べてくれているので
楽しんでやっています。

そろそろ、2回食も視野に入れて、小麦にもトライしなければ、、、

今までトライした野菜↓
かぼちゃ、にんじん、かぶ、じゃがいも、白菜、ブロッコリー
ブロッコリー以外は喜んで食べています。
(この話は長くなるのでまた改めて、、、)
スポンサーサイト

離乳食講座

Category : 離乳食
お久しぶりです、こんにちは。
(最近はコレがお決まりの挨拶になってますね

子ウシもそろそろ離乳食を、、、ということで、
自治体でやっていた離乳食講座(実習つき)に行ってきました。
産前から本で一応予習はしていたものの、
実物を見るのが一番分かるだろうと思いまして

rinyushokukouza_01.jpg

メニューは、以下のとおり
☆ 離乳食初期 ☆
・おかゆ(10倍粥)
・にんじんペースト
・かぼちゃペースト

☆ 離乳食中期 ☆
・おかゆ(5倍粥)
・にんじん、かぼちゃ、ささみの煮込み

おいしく、できるだけ手間なく、がコンセプトだそうです。
味は、親が食べてもおいしかったです
塩気はないけれど、ちゃんとうま味はあるので。

お粥は炊飯器で親のご飯を炊くときに、同時に湯のみで炊く。
野菜は昆布だしで茹でると、昆布のうま味が加わるので◎だそうです。
(個人的にはにんじん×昆布だしはあんまり好みではない・・・笑)
味・衛生面を考えると、作って冷凍はあまりオススメできません、とのこと。

学んだことをどう実践に活かすかなー、と考えると。

初期は、とにかく柔らかく火を通してなめらかに潰す!なので、
量が少ないのをどう調理するかを考えればと解釈したので、何とかなりそう。

問題は中期。
になると少しつぶつぶが必要なので、2mm角のみじん切り。
ほんの少しをみじん切りして別調理を毎日?!と正直思いましたので
何かいい方法を考えないと。

なにぶん毎日のことなので、
自分がやりやすい、手間のない方法でないと難しいなー、というのがトータルの感想。
試行錯誤しながら、やりやすい方法を考ようと思います
プロフィール

しろウシ

Author:しろウシ
関西在住、結婚6年目。
おいしいものを食べるのが好き。
ダンナ殿と2014年生まれの息子の子ウシ
三人楽しく暮らしております♪

コメント、お気軽にどうぞ♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。